記す・告げる(fudemojiya 白晃ブログ)

九州横断旅〜後編〜

2016.11.15 Tue 07:25
次の日は朝から福岡市内を散策。ちょうど福岡マラソンの日にあたり、街には、ウエアを着たランナーが練習中。

これまた福岡アジアアートフェアでお会いした原 恭子さんの帽子の個展が開催中の島津ギャラリーさんへ。

帽子といっても、アート性とオリジナリティーにあふれた素敵なもの。 試着も楽し! 私は直感で、その朝3時に出来上がりほやほやのものをお嫁さんにいただきました。また
ギャラリー島津さんの美的センスがちりばめられた空間は本当に素晴らしいです。
原さんには残念ながらお会いできませんでしたが、スタッフのNさんがフェアの時のことを覚えていてくれて声をかけてくださり、これまた嬉しい再会に。




その後は福岡をぬけ一路熊本へ。私は初熊本。
まずはこれまたフェアでお世話になったなかお画廊さんへ。とても優しいオーナーさんとマスコット犬がお出迎えしてくださいました。
二階建てのシンプルでとても素敵なギャラリー。開催中の東 弘治さんの銅版画展では、DMに使われている「彼は往ってしまった」につかまる。
繊細で独特の世界観。会場はいっぱいのお客様でした。
11月26日(土) からはオーガフミヒロさんの個展開催だそうです。 そして市内へ。震災の爪痕が所どころ残りますが、活気にあふれています。もう日も暮れかけた中、島田美術館、熊本市立現代美術館を駆け足で。あーもう少し時間が欲しい。


怒涛の九州横断旅でしたが、いっぱいの心のお土産と九州の方の温かさを持って帰りました。お会いできた方々ありがとうございました! 次はもう少しゆったりと訪れたいな。

▲PAGE TOP

九州横断旅〜前編〜

2016.11.14 Mon 23:52
週末 糸島〜福岡市〜熊本の旅

まずは福岡の糸島にある副島さんのキャンドル工房クレオールへ。
工房の前には豊かな自然がいっぱい。工房の中はまきストーブが暖かい。
薄ぐらい工房ではキャンドルの炎の揺らめきが本当に綺麗。

そこから糸島のトン先にあるまたいちの塩製造所とったん工房へ。
先日の東京からのANA機内誌にこの工房が紹介されていて、行ってみたいと思っていました。
まずはその絶景にしばし目を奪われます。そして海水のみから抽出される自然なこの塩は地道な工程のお陰で本当に美味しい。またいただいた塩プリンは塩味と甘みのバランスが絶妙!





その後は手作り石鹸工房や糸島名物牡蠣小屋で至福のひととき。

ここで副島さんとはお別れして福岡市内へ。まずは先日のアートフェアでお世話になった森田さんのギャラリーモリタへ。開催中の作品展はくしくも福岡アジアアートフェアのロゴ制作者で画家の堀越千秋さんの個展。フェアの時は来られていたとのこと。
ANAの機内誌翼の王国の表紙画でも有名です。
残念なことにこの作品展の少し前にお亡くなりになられました。
時に自由で大胆時に繊細な作品達は1人の画家が仕上げたものではないようなほど様々な表情。
この機会に作品を見ることができ、本当に良かった。


そこからは先日のアートフェアでであった福岡の姐さんこと加藤真弓さんと野口剣太郎さんの工房
SHIROKURO及び46961616へ。
ここではあまりのストイックな色遣いに感動。また46961616の活動である小憎らしくもかわいい作品を見せていただき、クスッとしたりドキドキしたり。

アートフェアでご購入いただいた作品とも再会。
その後は魚が美味しい「姐さんおすすめの魚頂点で、熱く楽しい時間。
福岡の夜もお陰様でたっぷり堪能しました。

▲PAGE TOP

10日からの沢マン最後のグループ展。参加いたしますよ。 搬入にも行って来ましたよ! この機会に是非に沢田マンションそのものとともにお楽しみくださいませ。 なお3月末までとなった「ギャラリー沢田マンションroom38」を管理人岡本さんが、新たに「コレンス」と名称を変更して移転開設します。 ギャラリーの予約は始まっています。 な、なんと未完成特別割引で1月は1週間5000円です。こちらのサイトから予約できます。合わせて是非ご検討ください。 http://lifecolors.co.jp/correns/

▲PAGE TOP

秋だから

2016.11.06 Sun 05:35
秋はせつない。絵をみても、演劇を観ても、音楽を聴いても、とにかく切なくてしょうがない。 あゝ良かった。久万美術館で「風景の向こう―喜多村知・松田正平」で、喜多村知の絵に夕日を松田正平の絵に朝日を感じ、空が見たくて、ふるさと村へ。林は凛として、そんな私を優しく突き放す。 その流れでのシアターねこの「シアターねこフェスタ」での「劇団柿食う客」の「へんてこレストラン」、めちゃサイコー!!最後に向かっていくグルーヴ感に包まれた後の静寂にガツンと射抜かれしばしぼう然。やられた。劇場で生で観ることの力。 オススメです。本日6日11:00〜と14:00〜残り2公演! 去年の今頃はねこフェスタでのasamirahasakimidoのダンス公演に向け必死だった。
あれから丸一年。
一年なんかあちゅうまで、でもすごくすごく濃く流れてて、この一年でたくさん自分が変わったような、それでいて、でも実は何もうまくつかめてないよな感覚。 そんな気分なのもきっと秋だからなんだよね。 ね、そうだよね。
秋の空!
へんてこレストラン!
去年のねこフェスタの後で。

▲PAGE TOP



三津在住ボイスパフォーマーナカムラさとこさんとパートナーのササキヨウヘイくんの船上結婚披露パーティー。


船が運休中の一生に一度のチャンスだったらしく島のお世話役さん、フェリー会社の方も全面協力のもと奇跡の実現だったそうな。
そんな時間を共有でき本当に嬉しいね。
幸せがいっぱいでもう言葉はいらない。
どうぞお幸せに!!

▲PAGE TOP

神戸アートマルシェ2016

2016.10.01 Sat 00:19
本日より始まりました。
神戸アートマルシェ2016。
2度目の参加です。

神戸アートマルシェ 9/30(金)〜10/2(日) 出展ギャラリーご紹介 〜room 1329〜 3ta2 gallery "http://www.art-marche.jp/2016/gallery/1329.php" 意欲的に制作に取り組む地元アーティストの作品発表の場として2006年にオープン。 現在は県内外のアート・クラフト作品の企画展を定期的に開催。 また、地元アーティストを県外へ発信していく活動も進めています。 単なる作品展会場としてではなく、人と作品を通し、様々な交流が生まれる活動・空間づくりを目指しています。 代表者:三谷恵子 Keiko Mitani 所在地:〒791-1111 愛媛県松山市高井町560-4 TEL/FAX:089-970-1043 MAIL:info@3ta2-gallery.com URL:http://3ta2-gallery.com          





▲PAGE TOP

嬉しい出会い

2016.09.26 Mon 21:43

先日のアートミート福岡で、作品購入してくださった方から、「額装しました」と写真を送って頂きました。

購入頂いた方はまだ学生さんでしたが、3日間アートフェアにお父様と一緒に出展していらっしゃいました。
ずっと、真摯な姿勢が清々しいなと感心していましたら、最終日に色々お話でき、私も刺激を受け帰ってきたのでした。

「息子が人生で初めて自分で購入した作品です。」というのを聞いて、改めて本当に嬉しさがこみ上げました。
「この気持ち」を忘れずに、自分らしく、これからも精進、制作して行きたいと思います。


▲PAGE TOP

アートフェアアジア福岡

2016.09.16 Fri 19:50
今回のアートフェアアジア福岡では、私の中でも劇的な出会いがたくさんありました。

そのうちの1人、その彼女は、浜松からやってきたという事でした。
23歳にして、コレクターであると自分を名乗るその彼女は、私の作品を見て、2点お買い上げくださいました。

アートフェアでは、ほぼ初対面、ほぼ自分が誰かも知らない状況です。

しかも出展ギャラリーは38、作家の数では100を下りません。

その中から、出会って、自分の元へ持って帰り、愛でてくれる人がいるという事は、この上ない幸せです。

何があってもいけないので、送ってください、という彼女の想いに私は今後も書くことで、応えていかなければならない。
私にとって、この一つの出会いが大きなターニングポイントになりそうな予感がします。


▲PAGE TOP

アートフェアアジア福岡

2016.09.15 Thu 10:54
AFAF アートフェアアジア福岡、9/9-11の3日間、福岡市のホテルオークラにて開催されました。

私もチーム3ta2から参加。
ホテルオークラの9階ワンフーフロワーが、会場で全国38ギャラリーがそれぞれの部屋を会場にして展示販売しました。


初の九州。ドキドキでしたが、多くの出会いがあって、熱く優しい福岡が大好きな街に。
実行委員長の方のお話。九州、関西、アジアと広がって行けるよう、アートの可能性、作家とギャラリーとお客様との出会いの化学反応、‥‥

3ta2ギャラリーのオーナー三谷さんご一緒できた作家仲間の方にも深く感謝!!





▲PAGE TOP

昭和レトロな空間で

2016.07.28 Thu 08:37
朝から暑い日でしたがここはなんだか別世界。うつわ屋独歩さんでのワークショップ無事終了しました。 凛とした朝の空気が心地よい素敵空間。 並ぶうつわも素敵です。 独歩さん、皆さんありがとうございました。

▲PAGE TOP

▲ページトップへ

筆文字屋 白晃
〒791-1102 愛媛県松山市来住町160-5
TEL&FAX: 089-975-1257

copyright © fudemojiya hakko. all rights reserved.